ニキビ肌のファンデーションに関するコツ

 

ニキビ肌の方でもファンデーションを使っていく為の要点

ニキビに優しくする為には、ファンデーションのパフを清潔にしましょう

メイクの時に何気なく使っているパフですが、洗った事はありますか?

質問すると、言葉に詰まる方が大半だと思います。

ファンデーションを購入してから、1度も洗わない方が結構多いのが現状です。



ニキビを治療するためには、アクネ菌を消滅させなければなりません。

いくら、敏感肌に良いと言われているファンデーションを使ってあげても、汚れたパフをそのまま使っていたら、効果は激減してしまいます。

パフには雑菌や皮脂の汚れ等が、どんどん付着していきます。ニキビが発生している肌に付けているのですから、パフにはどんどん雑菌が付着していきます。

せっかくニキビに優しいファンデーションを使っても、不衛生なパフを使っていれば、アクネ菌が猛威をふるい始めます。



ニキビに優しいファンデーションを考えるのであれば、まず、パフを綺麗にして使いましょう。

定期的にパフを取り替えてあげるか、クレンジングで丁寧にあらってあげて、日干ししてあげましょう。

ニキビに優しくする為には、ファンデーションのパフを清潔にしましょう

ニキビ肌の方のファンデーションメイクは、ニキビ跡を消そうとして強引に平らに塗り仕上げる方が多いようです。

まっ平にしてあげる事で、ニキビが目立たずツルツルになってくれると、差し引きで思ったりしませんか?

でも、ニキビ肌には呼吸をさせてあげる事が大切なので、まっ平らになる為にニキビにファンデーションをこってり押し込んであげては、せっかくのニキビケアをしてあげていても、台無しにしてしまいます。



炎症を起こしている患部に触れるだけでもナンセンスなのに、添加物の多いファンデーションをこってり押し込んであげては、最悪です。



ニキビは突起してしまっているので、いくらファンデーションやコンシーラーで無理やりかくしてあげても、突起はごまかせません。

そんな風に中途半端にごまかして、ニキビ化粧水でニキビを悪化させるような事は止めましょう。

肌に負担のかかるファンデーションを止め、毛穴が呼吸できるようなファデーションに変えてあげましょう。

ニキビに悩んでいる方の、間違ったファンデーションの特徴

ファンデーションを塗る事は、ニキビが発生している限り、ニキビ改善を優先させる考えで取り組みましょう。メイクよりニキビ改善の方が肌には大事な事です。



ニキビを隠したいが為に、コントロールカバーや化粧下地をしっかり塗られている方は多いと思います。

でも、これらは、洗顔では落ちないものばかりだけではなく、肌に負担をかけてしまう成分が入っていますので、ニキビ発生時には大変厄介な成分になってしまいます。

コントロールカバーや化粧下地は使わないようにしましょう。



でも、そのままファンデーションを肌に塗ってしまっては、肌に大きな担をかけてしまいます。

下地の代わりに、保湿力の高いクリームを塗ってあげましょう。クリームでもファンデーションの付きは良いので、問題はありません。

ニキビの改善を最優先してファンデーションを塗りましょう

リキッドファンデーションは、カバー力が非常にあります。

ニキビを目立たなくしたいから、と、一生懸命にリキッドファンデーションを塗ってしまう方も居ると思いますが、絶対に使わないで下さい。

リキッドファンデーションには、肌に良くない成分、界面活性剤が配合されています。界面活性剤は肌に大きな負担をかけてしまいます。普通肌の方にも負担を与える成分なので、ニキビ肌の人には刺激が物凄く強すぎます。

そして、リキッドファンデーションは、肌に幕を作りながら密着するので、皮膚呼吸が困難になります。ニキビ肌の皮膚呼吸ゼロは死活問題なので、絶対塗ってはいけません。